ドミニカ・ペソ 
EL PESO DOMINICANO
(Wikipedia より
 
ドミニカ・ペソ(Dominican peso)は、ドミニカ共和国の通貨。通貨の補助単位はセンターボ。
ドミニカ・ペソが初めて発行されたのは、ドミニカがハイチから独立した1844年である。1877年には、ペソの下にセンターボという単位を置いた。1891年から1897年までの間は、ドミニカ・フランコという新通貨が発行されていた。その後1905年にいったん通貨はアメリカ・ドルとなり、5ペソ=1ドルのレートで交換された。1937年にはペソ・オロが発行され、ドミニカは再び独自通貨を持つようになった。アメリカ・ドルは1947年まではペソと同じくドミニカ国内で使用されていた。



4分の1レアル貨が、青銅で1844年に、真鍮で1848年に発行された。1877年には1、2½ 、5センターボ貨が発行された。1¼センターボ貨は、1882年から1888年の間発行された。フランコ放棄後、1897年に10および20センタボ、½、1ペソ銀貨が発行された。


ペソ再導入後、1937年に1、5、10、25センターボおよび2分の1ペソ貨が、1939年には1ペソ貨が発行された。1991年に5、10、25ペソ貨が発行された。インフレーションにより、現在1ペソ以下の硬貨はほとんど流通していない。

 



1848年に40及び80ペソ紙幣が作られ、1949年には1、2、5ペソが、1958年には10、50ペソが導入された。1865年にはComision de Haciendaが50及び200ペソを発行し、Junta de Creditoが同年10、20ペソを、1866年には5及び40センターボを、1867年には1、2、5、10ペソが発行された。½、2、5、15、25ペソ紙幣が1862年にIntendencia de Santo Domingoで発行された。
2つの民間銀行が発券業務を行っていた。Banco Nacional de Santo Domingoは1869年から1889年まで25、50センターボ、1、2、5、10、20、25、100ペソ紙幣を発行していた。Banco de la Compañia de Crédito de Puerto Plataは、1880年代から1899年まで25、50センターボ、1、2、5、10、50ペソを発行していた。





1937年にドミニカ・ペソが再導入されても紙幣は10年間発行されず、米ドル紙幣が流通し続けた。1947年、やっと中央銀行によって1、5、10、20、50、100、500、1000ペソ紙幣の発行が開始された。1961年には、10、25、50センタボ紙幣が発行された。2000年には2000ペソ紙幣が発行を開始した。現在流通している紙幣は50、100、200、500、1000、2000ペソである。10、20ペソ紙幣はそれぞれ硬貨に置き換えられつつある。2010年、新しい20ペソ紙幣が発行を開始した。1992年にはアメリカ大陸発見500周年を記念して500ペソ記念紙幣が、2000年にはミレニアム記念で2000ペソ記念紙幣が発行された。

 (MULATO)

 

ムラート(Mulatto, Mulato)は、ラテンアメリカ及び北アメリカでヨーロッパ系白人と、アフリカ系の特に黒人との混血を指す言葉である。ムラットともいう。なお、女性だけを指していう場合はムラータ(Mulata)という。


元々は、片方の親がヨーロッパ系でもう片方の親がアフリカ系の子供のことを指していたが、現在ではある程度両方の血統が混じっている人々のことを指すようになった。「黒人白人混血者」と説明されることも多い。なお、ヨーロッパ白人系とインディアンインディオとの混血をメスティーソ、アフリカ系とインディオの混血をサンボという。アメリカ合衆国ではインディアンと黒人との混血もムラートと呼ばれ、ヨーロッパ系とアフリカ系との混血は黒人と呼ばれた。


この言葉は、スペイン語およびポルトガル語で雌ラバロバを掛け合わせた品種)を意味するmulaから来ており、強く侮蔑的な意味を含んでいる[1]
ムラートの多い国は、ドミニカ共和国キューバプエルトリコなど、カリブ海の国と、南アメリカブラジルコロンビアベネズエラ中央アメリカパナマエクアドルなどであり、アルゼンチンウルグアイチリボリビアメキシコなどにも少数が存在する。
西インド諸島の国家でも「世界初の黒人共和国」と呼ばれるハイチでは、独立以来国民の約5-10%に当たるムラートがエリート層を形成し、フランス文化を受け入れてその他大勢の黒人に対して文化的、経済的に圧倒的に優位に立っている。


From Wikipedia.

ムラート/ Mulato

Posted on

jueves, 6 de diciembre de 2012

2012年8月のシングルNEWリリース!
Nuevos lanzamientos de Agosto

Luc Days (ルックデイス) - Menea Menea (Oficial Video) (メネア メネア/動いで!動いで! )



Raymond Jaquez(レイモン ハケス) - Fuera De Ti (Video Oficial) (フエラ デ ティ/君の外で)



Elvis Martínez (エルビス マルティネス) - Yo Te Voy A Amar (vídeo oficial) (ヨ テ ボイ ア アマル/ずっと愛してる)



ドミニカ共和国ではポップスは人気じゃありません.理由はよくわかりませんが、この国で有名な歌手になりたい場合は、バチャタとかメレンゲを歌わなければなりません.ドミニカ共和国にポップグループはほとんどいません。でもその少ないグループの中の一つは、しばらくのあいだだけ、にんきでした.Ciudad de Angeles(日本語で天使の町)というグループです。 

Ciudad de AngelesのメンバーはAxel (アっセル), Erick(エリック), Gustavo(グスタボ), Javier(ハビエル) Rafael(ラファエル)でした。2000年頃から2007年まで活動していました。 

一番のヒット曲はPapelito(日本語で紙切れ)です。Papelitoは、教室で好きな子に、「君が好き」と書いてある紙切れを渡すことについての曲です。  

En República Dominicana la música pop no es popular. No sé cuál es la razón de esto, pero si quieres ser un artista famoso aquí debes cantar bachata o merengue. En República Dominicana los grupos pops más que ser pocos, básicamente no existen. Pero dentro de los pocos grupos que ha habido, hubo uno que se volvió popular. Ese grupo era Ciudad de Angeles.

 Los miembros de Ciudad De Angeles eran Axel, Erick, Gustavo, Javier y Rafael. Ciudad de Angeles empezó su actividad alrededor del 2000 y la detuvo en el 2007.

Su canción más famosa es "Papelito". Papelito se trata de un chico que escribe en clases en un pedazo de papel lo mucho que le gusta una chica y se lo pasa.  


Ciudad de Angeles(発音はシウダドデアンヘレス) Video
 
*曲のタイトル (曲のタイトルの発音/曲のタイトルの意味)
 
Ciudad de Angeles (video debut)- Descorazonado (デスコラソナド/がっくり)

Hechizera (エチセラ/魔法使い)
 
 
24 horas ( 24時)
 
 
By Fania Tejeda
Correción del texto en japonés: Hiro & Unicornio @Lang8
 

ドミニカ共和国のMusic Ranking. 3月2012年
Ranking Musical de República Dominicana de Marzo del 2012

TOP 5

アーティスト (曲の発音/日本語で)

1. Victor Manuelle (ビクトルマヌエル)- - Si tu me besas( シテュメベサス/ キスをしたら)



2. Michel Teló (ミチェルテロ) - aI SE EU PEGO (シエウテペゴ/きみを捕まえたら)


3. Alexis & Fido (アレクシとフィド) - Energía (エネルギー)


4. Romeo & Usher (ロメオとアッシャー)- Promise (プロミス/約束) 


5. Maná ft. Prince Royce (マナfeat. プリンスロイス) - El verdadero amor perdona (エルベルダデロアモルペルドナ/本当の愛なら許せる)





 by Fania Tejeda

ドミニカ共和国の2012年映画のtrailer.

Trailers de películas dominicanas del 2012.

AVATAR
ドミニカ共和国の映画じゃありませんが二人のドミニカ人、(ミシェル・ロドリゲスとゾーイ・サルダナ)はAVATARに参加しています.

Esta no es una película dominicana pero dos dominicanas (Michelle Rodriguez y Zoe Zaldana)participan en Avatar.

LOTTOMAN 2.0 (ロットマン 2.0)
Un Film de Archie López, con las actuaciones de Fernando Carrillo, Raymond Pozo y Miguel Céspedes.

アーチー·ロペス(Archie López)のフィルム。主演:フェルナンド·カリージョ(Fernando Carrillo)、レイモンド·ポゾ (Raymond Pozo)、ミゲルチェスペデス(Miguel Céspedes).


EL HOYO DEL DIABLO(悪魔の穴)
FRANCIS Dislaのホラー映画(フランシスディスラ)
Una película de horror de Francis Disla

 LA LUCHA DE ANA (アナさんの戦い)
 映画監督: Bladimir Abud (ブラディミル アブド)
主演: チェディガルシア(Cheddy García)アントニオザムディオ(Antonio Zamudio)とマルキスレギサモン(Marquis Leguizamon)

DEL FONDO DE LA NOCHE (夜の奥から)
映画監督:: Javier Balaguer(ハビエルラファエル)
ミラバル姉妹について映画です(Una película sobre las hermanas Mirabal)

By: Fania Tejeda



Sex Appeal (セクスアピール) ドミニカ共和国のサルサの歌手。

サルサ(Salsa music)はラテン音楽の一つである。スペイン語のソースを意味し、いろいろな音楽が混ざって形成されたことから命名された説がある。
リズムの基本となるのは南米音楽特有の「クラーベ」という単位である。クラーベのリズムは一般的に2-3(ツースリー)、3-2(スリーツー)と言われるリズムで、一般的に2(ツー)はシンコペートされた2拍目と3拍目のみ、3(スリー)は4拍子を三連符のリズムでクラーベスの音を出す。その二つでワンセットの「クラーベ」という単位になり、そのクラーベのリズムにベースやピアノが加わり、コンガ、ボンゴ、ティンバレスなどのパーカッションや、トランペットなどのホーンセクションが加わって構成されていく。
加わる楽器や演奏形態は、ソンやモントゥーノ、ルンバ、グアヒーラ、ボレロなどリズムによって変わる。クラーベとはスペイン語で基本・鍵と言う意味で、楽器のクラーベは2本1セットで演奏するためクラベスと言う。

 1930年代にカリブの島キューバソンルンバから発展したものをサルサの発祥とする説があるが、その後にプエルトリコ発祥のダンス音楽に、ジャズソウルロックなどの要素を取り入れたものを発祥とする説、さらにその後1970年頃までにニューヨークで確立されたものをサルサの発祥とする説もある。


サルサに直接影響を与えた音楽はキューバのソンである。これはスペインアフリカの影響を受けた音楽で、もともとはキューバ東部のオリエンテ州に原型があり、1910年代後半にはキューバ全土に広がった。
1920年代から30年代にかけて、禁酒法が施行されたアメリカ合衆国からの観光ブームも手伝って、ソンがキューバで大変な人気を博し、多くの楽団が演奏した。1930年4月26日、キューバ出身のドン・アスピス率いる楽団がニューヨークのパレス劇場でショーを開催して大好評となったことでレコード会社が録音し、1931年には「エル・マニセロ(南京豆売り)」が当時としては異例の百万枚の大ヒットとなった。ここから、「ルンバ・エイジ」と呼ばれる1930年代のルンバの大ブームが起こった(この時名付けられたルンバとは、社交ダンスのスタイルを意味するルンバであり、キューバにあるアフリカ系音楽のルンバのことではない)。
キューバの他の音楽ジャンルも多かれ少なかれソンの影響を受け融合し、様々な亜流のソンが誕生して変質していった。その中でも1940年代には、ソン・モントゥーノが人気となる。ソンの中のモントゥーノ(コールアンドレスポンス)のパートを強調して、よりアフリカ的な色彩を強め、トレスに代わってサックストランペットピアノが楽団の編成に加わるようになった。かつてのソンの楽団の編成はセステート(6人編成)、あるいはセプテート(7人編成)であったが、1940年代になるとキューバの楽団は大規模になった。
ジャズに影響を受けた大規模な編成でミュージシャンらがデスカルガ(ジャムセッション)を繰り返す中、ソン・モントゥーノのリズムからマンボが生まれた。1944年にはアンセルモ・サカサスが「エル・マンボ」を録音し、メキシコシティではペレス・プラードが1949年に「マンボNo.5」を録音するなど、1940年代はラテン音楽の主流がマンボへと移っていった時期である。この時期ニューヨークでは、アルセニオ・ロドリゲスやフェリックス・チャポティーン、マチート、ティト・プエンテらが、大規模な楽団をそれぞれ率いて、パラディウム・ナイトクラブを拠点に活躍。そのスピード感とダイナミックなサウンドで、マンボは一大ブームとなった。
第二次世界大戦後の1940年代後半になると、ニューヨークにはヒスパニック系移民が爆発的に増加した。50年代に入ると、チャランガ編成によるチャチャチャパチャンガもキューバから導入され、様々なスタイルのキューバ由来の音楽が存在した。

1960年代

キューバ革命が1959年に起こり、1961年1月にアメリカ合衆国とキューバの国交が断絶すると、ニューヨークにはキューバの楽団はほとんどいなくなり、代わりにプエルトリコ系のミュージシャンらが優勢を占めるようになった。大規模な楽団は姿を消し、ヒスパニック系の若者にはアフリカ系アメリカ人のコミュニティから生まれたR&Bドゥーワップソウルミュージックの人気が高く、従来のポピュラーなラテン音楽の人気は下火となっていた。その過程において、チャーリー・パルミエリジョニー・パチェーコレイ・バレットなどのミュージシャンが、ソウル・ミュージックとマンボを融合させて、60年代初頭にはヒスパニック系コミュニティでブーガルーのブームが起こった。
その一方では、かつてルンバやマンボの時代に隆盛を極めたナイトクラブやホールが次々と閉店する中、ミュージシャンの間ではデスカルガ(ジャムセッ ション)が頻繁に行われ、ティコやアレグレといった数少ないニューヨークのラテン系レーベルの企画で録音された。一例として、1966年5月23日にヴィ レッジゲイトでライブで録音された盤がある。デスカルガはプエルトリカンのアイデンティティを模索するひとつの運動となり、毎夜のように行われていた。
1964年、ジョニー・パチェーコは、法律家のジェリー・マスッチとともにファニアレコーズを創立する。ウィリー・コロンエクトル・ラボージョー・バターンなどの若手アーティストのヒットを飛ばして地盤を固め、後にティコ、アレグレを吸収する一大レーベルとなる。レーベルのアーティストのショウケースとして結成されたファニア・オール・スターズは、1968年6月8日にレッド・ガーターで第一回興行を行った。
アフリカ系アメリカ人の若者がブラックパンサー党を結成したことに触発されたニューヨリカンの若者たちがヤングローズを結成するなど、1960年代後半は若者が政治活動に強く関わった時代であった。この社会変化の中でファニア・オール・スターズは、長く親しまれてきたソンや、プエルトリコ独自の音楽であるプレーナを採り入れた曲でシングルヒットを出し続け、1971年8月26日にはナイトクラブチーターでの歴史的なコンサートを行った。その後彼らは世界中をツアーし、サルサの認知に貢献した。ファニア・オール・スターズは1973年8月24日に、ニューヨークのヤンキースタジアムで4万人の観衆を前にコンサートを行った。この時は興奮した観衆がフィールドになだれ込んできて途中で中止となる事態となった。

1970年代 

70年代初頭、ファニア・オール・スターズの功績で、サルサは急激にニューヨークからラテン・アメリカ諸国に広まった。特にコロンビアでは、ジョー・アローヨなどの新しい世代のミュージシャンが、クンビアバジェナートの要素とサルサを結合させて人気をとった。
多くのミュージシャンによって様々なアイデアがサルサに盛り込まれ、「サルサ」と呼ばれる音楽はその輪郭を強くした。ウィリー・コロンはプエルトリコの撥弦楽器クアトロを導入したり、ジャズやロックのみならず、パナマブラジルの音楽も採用した。ファニア・レコーズのアレンジャー、ラリー・ハーロウは、エレクトリックピアノを加えてモダンなサルサにした。
サルサの興隆とともに市場が拡大し、音楽自体が多様化、複雑化した。独立レーベルであったファニアレコーズは1970年代の10年間で弱体化し、代わりにメジャー資本のラテン系音楽レーベルが大きく成長した。
1970年代後半にはキューバとの交流も一時的に可能となり、サルサはキューバ音楽に影響を与えた。

1980年代

1980年代には、サルサは恋愛のロマンス(時にセックス)を扱った歌詞、スムースなサウンドとメロディを特徴としたサルサ・ロマンティカに進化した。このスタイルはホセ・アルベルトが1984年にリリースしたアルバム「Noches Calientes」にさかのぼる。ロマンティカの新しい波は、ニューヨークとプエルトリコのラティーノの音楽市場を占める一方で、多くの若者はサルサに興味を失い、ロックやヒップホップ、R&Bを聞くようになったともいわれる。これらの流れは、グロリア・エステファンが1985年にヒットさせた「コンガ」に代表される、クロスオーバーしたラテン・ポップの人気へと繋がる。
1980年代後半になると、ニューヨークとプエルトリコのラティーノの間では、ドミニカ共和国の音楽であるメレンゲがブレイクし、ラテンダンスの分野でも認知されるようになった。

1990年代から現在

サルサの人気はベネズエラコロンビアパナマなどラテン・アメリカ諸国だけではなく、ヨーロッパ日本、アフリカにも広がり、世界各地でサルサのシーンが見られるようになった。サルサ・ロマンティカの人気に対する揺り戻しで、60年代から70年代のデスカルガの雰囲気を感じさせる「クラシック・サルサ」を演奏するアーティストが世界中に存在するようになった。例えば日本のオルケスタ・デ・ラ・ルスは1989年にファーストアルバムをリリースし、ラテン・アメリカでヒットした。グルーポ・ニチェジョー・アローヨフルーコなどのコロンビアのアーティストは、サルサ・ドゥラ、もしくはサルサ・ゴルダと呼ばれるハードなサルサで人気を博した。ニューヨークでもアフリカンドスパニッシュ・ハーレム・オーケストラといったグループが出現している。

その一方でサルサは、ハウスミュージックレゲトンテクノなど様々な音楽とクロスオーバーを続けて進化している。

ダンス

ダンスとしてのサルサは 1クラーベ=8拍の音楽に6ステップを合わせて踊るため、シンコペーションに合わせ1, 5拍目をステップしない(N,Yスタイル-プエルトリコ系)、1拍目からステップを始め4, 8拍目をステップしない(L,A,スタイル-キューバ系)、シンコペーションにあわせ2拍目から始めるが4(8)拍目と次の5(1)拍目をタイでつなぎ、 ステップのブランクを作らない(N,Y,クラブon2)等がある。
ダンススタイルはそれぞれ少しずつ異なる。
日本では競技ダンスの項目のひとつとしての認識が長いが、近年ではポップ歌手リッキー・マーティンマーク・アンソニーなどによる人気の高まりとともに、熱心なサルサのインストラクターや中南米の出稼ぎ移民、日系移民を中心にクラブなども根付いてきている。
中南米、北米では一般的なラテン移民の庶民のダンスとして溶け込んでいる。米国へのラテン系の移民の中でも、若い世代はサルサのことを「家族で集ま るときの余興」とみるような認識が強かったが、一般的な米国社会への浸透とともに、今では多くのラティーナ、ラティーノがほかの人種の先頭を飾っている。 もともとラテン系の移民の多いニューヨークサンフランシスコなどの大都市ではサルサのクラスやクラブが増えている。

From Wikipedia.

Salsa (サルサ)

Posted on

martes, 12 de junio de 2012